2006年02月22日

RAID5カード

ずいぶん久しぶりの更新になるが、もとより毎日更新するつもりはないので気にしない。
最近はアニメ見る時間がなくてネタばれにおびえつつアニメ系WEBラジオばかり聴いちゃったりなんかして過ごしている。ほかには電子工作などが楽しくてしょうがない日々を送っている。
電子工作については進展があったらブログに書きたいと思ってるがまた別の機会にしよう…

さて、タイトルのRAID5カードの話題に戻るが久しぶりにPCパーツを購入した。
冒頭でも触れたがアニメが消化出来ずにRD-X5にたまっていく一方なのでバックアップが必要になるわけだ。
見ていないビデオをためるにはDVD-Rが一般的かと思うが数がたまると実際やっていられない。

DVD-Rは4.7GB入るが実際はタイトルの都合で3〜4GBしか使わない。
HDDレコーダーのRD-X5のHDDは600GBある訳だけどこれをDVDに焼くと150〜200枚。
1枚焼くのに15分としても37時間、これは寝ないで15分おきの作業をしたとしても1日半。
無理。
実際は無理ではないけどやる気はない。

ただでさえ無理っぽい作業だが、私はオタクだ。だから収集癖がある。(あるよね?)データが消えるのはイヤなので2枚ずつ焼いちゃったりする。しかもラベルをプリンターで印刷しないと気が済まない。

そこででかいHDDがあればいい。しかもデータが消えないように冗長性を持たせた物。
そういうことでRAID5が出来る物を探した。
思いつく辺りではテラステーションかRAID5カードといったところ。
テラステーションは知り合いが買ったが、データをとばしたとかうるさいとか聞くし、割高感がある。
そこでRAID5カードの玄人志向のSATA2RI4-LPPCIにした。

このカードはRAID5カードしては下っ端で遅い。ただし、DVDより速くて作業が楽ならよい、冗長性を持たせられれば良いという低い条件ならまあまあの選択ではないだろうか。
同じチップのカードが25MB/S程度と言うことでDVD-R作業よりは速いだろうと判断し購入した。

SATA2RI4-LPPCI と WDの320GBを4台 合わせて62000円くらい。
HDDへの電源は余っていた静穏PC電源とPC本体電源に連動するケーブルをつないでバラックで動かすことにした。

320*4のRAID5で容量は約960GB(Winでは900GBに少し足りない程度の容量に表示される)
30分物のアニメをDivXで平均300MBに出来たとしたら1クール13話で3.9GB
1年は4クールなので15.6GB
毎週20作品撮ったとしても3年戦える計算だ。


文章長いので書くの飽きてきた。

導入してから2日。
フォーマットには10時間ちょいかかった。(25MB/Sくらいになるのかな)
別のHDD群からコピーしたらもう満タンになってしまった。
現在満タンまでコピーしたファイルをコンペアさせてる。
残り時間1600分とか出ますよ。時間はかかるが手間いらず。

で満タンになったドライブの動作確認を行いながら追加のRAIDセットを買おうか悩んでいる自分がいる、そんな現実に愕然とするわけで...
(ATAの安いRAID5カードないかなぁ。)
posted by みやびあきら。 at 17:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。